白菊や黄菊や朝の路地ぬける

隣家の軒下に菊が数鉢並んでいます。今年は作られていないのかと思っていたのですが、ここに来て中程度の大きさのそろった白と黄の数鉢が並んでいます。作者のきちんとした性格が表われているような菊です。掲句は昔、徒歩通勤途中の路地に面したお宅の横を抜ける時の句です。こちらは寄せ植えの小さな白と黄、赤ら顔のおじいさんの花畑、、、。(2002年秋詠)

「白菊や黄菊や朝の路地ぬける」への2件のフィードバック

  1. 白菊とあるので大典白菊かなと思った私です。
    先日、広島城で開催された菊花展では白や黄等の菊がきれいに咲いていました。
    菊を育てる人は几帳面な人の様に感じます。
    ずぼらではあのきれいな菊は育ちそうに有りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です