石投げて眠る鯰を起こしけり

まだ在職中だった頃の句です。会社の脇を流れる農業用の水路は夏になると水量が増え、鯉や鯰が上って来ました。それも大物がいるので、時々抜け出しては観察に行きました。掲句の鯰も大物、水底でまったく動かないので、石を投げたら大慌てで、、、。(2010年夏詠)

「石投げて眠る鯰を起こしけり」への2件のフィードバック

  1. 鯉や鯰がやって来るとはなんとも凄いですね。
    実家の苗代辺りではせいぜい蛙が居るくらいでした。
    鯰君大慌てだったなら身体はともかく心は小さかった様ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です