威銃一つにて足る峡の村

散歩コースの威銃が鳴らなくなりました。稲刈が終わったのだから当たり前ですね、、、。掲句は別の山里です、、、。(2016年秋詠)

「威銃一つにて足る峡の村」への2件のフィードバック

  1. 威銃が鳴らなくなった、なるほど言われてみればそうでしょうね。
    お役目御免ですね。
    峡の村の稲架は何段でしたか?
    我が家は4段か5段だったと思います、はしごに登った父に稲束を投げ渡した事を思い出します。

    1. 今はコンバインですから稲架を見ることはほとんど無いですね。
      あっても一段、自家用のちょっと美味しいお米を作ろうとされる方が使われるぐらいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です