涼しさをもらふ町屋の夢二展

冷房の効いた部屋での展示会は夏場の吟行の恰好の逃場になる。なんて言うと受付の方に叱られそうですが、「〇〇展」の文字を見るとつい入ってしまいます。入ってはみたけれど、という〇〇展もありますが、掲句の〇〇展は大当たり。竹久夢二の絵に心まで涼しく、、、。(2017年夏詠)

「涼しさをもらふ町屋の夢二展」への2件のフィードバック

  1. 吟行ならば少々汗をかいていてもこういったイベントや喫茶店等にも問題無く入って行けますね。
    ランニングで半端ない汗をかいていたらさすがに躊躇します。
    最近は汗拭きシートなんて商品も有るようですが、服に染み込んだ汗までは取ってくれないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です