枯木立いずれも天を仰ぎゐし

残り三日、いよいよ押し詰まってきましたね。どうしてこんな句になったものだか?句帳に残っていました。単純に枯木立の風景だったのか、先日書いたボイラー故障の後だったのか、、、。(2017年冬詠)

「枯木立いずれも天を仰ぎゐし」への2件のフィードバック

  1. 沢山作る句の中には捨てられるものもあるのでしょう。
    残された句でもどんな思いで作ったかが分からなくなる事もあるのですね。
    今年も残りわずかとなりました。
    バイトも今日で終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です