教会の硬き長椅子秋気澄む

十月です。掲句、昨年の秋、山小屋で仙人暮らしの知人に誘われて行った教会の文化祭(?)での句。仙人のコーナーには仙人がフォトジャーナリストだった頃の著書が展示されていた。手作りのクッキーとコーヒー、教会の方々は皆さんやさしい、、、。(2018年秋詠)

「教会の硬き長椅子秋気澄む」への6件のフィードバック

  1. ソファの様にすわり心地がいい椅子が置かれている教会は無いのでしょうか?
    どこも硬い木の椅子ですね。

  2. あの仙人さん、お元気なんですね。安心しました。教会へは数年前に行ったことがあります。サキソフォンの演奏会が素晴らしくて、よい思い出です。

    1. はい、お元気ですよ。
      「今年もやります、案内出しますから」と言われていましたが、早速来ました。
      その教会の建物が元は由緒ある古い日本家屋とかで、なんと長押に槍が飾ってあるのです。

  3. 日本家屋の教会ですか、魅力的ですね。展示物以外にも楽しめそうですね。近くだったら是非行きたいところです。

    1. 見た目は外見も内部も完全な小さな教会なんですよ。
      それなのに槍があるので、どうして?と聞いたらそういう返事でした。
      面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です