注連飾る雀の好む稲穂付け

注連飾りも買えば結構高い。かと言って飾らないのも寂しい。そこで最近はベースに安い物を買ってきて、そこにいろいろくっつけてオリジナルの豪華な注連飾りに仕上げる。今年は昨日句友から橙を頂いてきた。これを中央に飾ろう。稲穂も一応別売りの物を買ってある。もっともこれは、飾っても数日すれば見事に雀に食べられて、只の穂となってしまうのだが、、、。(2018年冬詠)

「注連飾る雀の好む稲穂付け」への2件のフィードバック

  1. 注連飾りを自作とは素晴らしいことですね。
    私は買って来ますが、稲穂付きを買うと、いつの間にか玄関先に稲穂ゴミが落ちて来て、米は食べ尽くされますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です