丸まつて眠る男の子やヒヤシンス

子どもが学校から持って帰った出窓に似合う水耕栽培のヒヤシンス、こんなこともあったなあ、、、と思いながら詠んだ句。ある日突然に部屋に満たされる香りが、咲き始めた窓辺のヒヤシンスであると気付くまでの僅かな時間と、気付いた時の喜び、、、。(2003年春詠)

「丸まつて眠る男の子やヒヤシンス」への2件のフィードバック

  1. 水栽培用のあの独特なガラス容器と球根の根っ子の記憶は有るのですが花の記憶が残っていません。
    途中で飽きたのでしょうか?それとも育たなかったのでしょうか?分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です