春の海浚渫船の重さうに

十二月、一月と退職までの二ヶ月間を阿南(四国)で過ごした。普段は山の中で暮らしているので、とにかく海を見ておこうと思い、行き帰りには暗くても必ず与島パーキングエリアに立ち寄り海を眺めた。平日の朝は海の見える阿南公園に登った。天気が良さそうだからと、休みをとって室戸岬まで走ってみたりもした。そんな中で手帳に書きとめた句、すなわち冬に出来た句。満を持して句会に出したら先生に「一読して<海凍てて浚渫船の重さうに>じゃないかと思いました。」と言われてしまった、、、。慰めの言葉はいらないのです。スミマセン反省しています。げに恐ろしき俳人富阪宏己先生。(2012年春詠)

「春の海浚渫船の重さうに」への2件のフィードバック

  1. 高松時代、何度か阿南に行った事が有ります。
    川の堤防付近を歩いたような淡い記憶だけです。
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です