駅頭に立てば時雨るる夜明空

四国での最後のサラリーマン生活での句。夜明け前から起き出して散歩、ホテルのフロントで貰った地図を頼りに阿南市内を散策、二十分ぐらいは歩いただろうか、たどり着いた駅で時雨に会った。駅舎に入り、しばらく人の流れを眺め、時雨の通り過ぎるのを待った。外に出ると明けかけた街のクリスマスのイルミネーションが時雨に濡れて滲んで見えた、、、。(2011年冬詠)

「駅頭に立てば時雨るる夜明空」への2件のフィードバック

  1. 漢字が多い、直角な雰囲気の句ですね。
    四国のはてに感じる位遠い場所での単身赴任生活はどうだったのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です