烏瓜夕日あまねく野を照らし

烏瓜は晩秋になると途端に存在感を増してくる。それまでは葉の色も薄く、花もモヤモヤとした白で、ひそかに成長を続けている。それが晩秋になり、他の植物が衰えを見せる頃になると、突然現れたように赤く熟れた実を見せるようになる、、、。(2013年秋詠)

「烏瓜夕日あまねく野を照らし」への2件のフィードバック

  1. 烏瓜の赤い実って見た事が無いように思います。
    実家の辺りでも見られますか?
    秋が始まったと思ったら何だか初冬の様な寒さです。
    昨夜の神楽鑑賞では一枚羽織って出たのですがそれでも寒さに震える様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です