遠き山近くに映し秋の川

久しぶりに老釣師を見かけた。それも、田圃の脇を流れる小さな水路をねらっているところだった。「こんな所で釣れるんですか?」と聞くと「ああ、釣れるよ」と、傍らの青いバケツを指差す。覗くと5Cmぐらいの魚が二匹、「ホントだ」「白ハエじゃあのうて、タナゴじゃけどなあ」と言いながら、餌に手を伸ばす。その先を見ると、「んっ?餌はスパゲッティですか?」「ああ、ミミズでもええんじゃけどなあ、今日はちょっとこれでやってみよう思うて」「へえ~っ!いろいろ工夫されるんですね」「、、、。最近眼が見えんようになって」と、スパゲッティの餌付けに時間がかかっている。やっと出来たところで、「竿もホントはこんな長いのは要らんのじゃがなあ」と言いながら竿を伸ばす。確かに、3mほどの竿は水路には立派すぎる、、、。(2013年秋詠)

「遠き山近くに映し秋の川」への4件のフィードバック

  1. 家のすぐ近くに鮎も釣れる様な川が有ったし、家にも古い竹竿が有ったにもかかわらずほとんど釣りをした事が有りません。
    総社に移り住んだ小学6年生の時は総社宮の池で小麦粉を練った餌で鮒だか何かを狙った記憶が有ります。
    それも、一時的なもので結局釣りには興味が湧かなかった様です。
    釣れるとうれしいですけどね。
    牛二さんはされましたか?

  2. 私も釣を見ているのが、好きです。釣り人同志の話を聞いているのも面白いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です