春光の屋根より雀零れ落つ

近所の平屋のお宅の屋根は毎朝雀の声で賑やかです。下を通っても平気で遊んでいます。時々もつれるようにして落ちてきます。落ちる先は塀の内側、なので私からは見えません。屋根も塀も薄茶色の和風のしゃれたお家です、、、。(2021年春詠)

春光や広き鶏舎に鶏一羽

大きな鶏舎が三つに区切られている。静か。全部空っぽと思いきや、通り過ぎようとすると端っこの一角に鶏が一羽。コッココッコと言いながら出て来た。姿から白色レグホンだろう。春の光がまぶしい倉敷阿智神社の鶏舎、すなわち神鶏、、、?(2019年春詠)

春光や鏡の中の裏窓に

洗面所の鏡に映る位置に裏窓がある。その窓の向うに土手があり、洗面所に向かうタイミングによってはその土手に朝日が当たる。その光が反射して、これまたタイミングによっては裏窓が輝いて見える。特別春に限ったことではないのだが、春には何だか光がうれしい、、、。(2017年春詠)