廃屋の裏を覗けば烏瓜

ここに引っ越した時にはもう住む人が居なかった近所の家、立派な農家の建物で、時々は戻って来られるらしく人の姿を見る事もあった。それからもう三十年、新築だった我が家も古びてしまったが、この近所の家はとうとう今年崩れてしまった。掲句は昨年、表よりももっと傷んだ家の裏で唯一華やいだ色を見せていたのが烏瓜の赤だった、、、。(2015年秋詠)

「廃屋の裏を覗けば烏瓜」への2件のフィードバック

  1. 家も住む人が居ないと朽ちるのが早いと聞きますが身近に廃屋があり、そんな中で赤い実だけが華やいだ雰囲気を見せるとはなんとも寂しいですね。

    1. いつも自分の実家と重ね合わせてしまいます。
      やがてこうなるのだろうと、と思う反面私が生きている間は大丈夫かも知れないとも、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です