山国の普通のやうにしぐれけり

とにかく時雨が多い。たぶん盆地の特徴なのだろうと思う。何でもない空からパラパラと降ってくる。夏ならどうってことのないほどの雨だが、冬に濡れるのは乾かないのでなかなか厳しい。これが普通なんだと強がりを、言ってはみても、、、。(2015年冬詠)

「山国の普通のやうにしぐれけり」への2件のフィードバック

  1. しぐれから種田山頭火の『うしろすがたの しぐれてゆくか』を思い出しました。
    このしぐれも冬のそれだったのでしょうか?

    1. はい、俳句で時雨と言う場合は冬です。
      秋だと秋時雨、春だと春時雨とします。
      「春雨じゃ、濡れて行こうか」とは違って、決して余裕のある姿ではないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です