大楠の洞をねぐらに青葉木菟

そろそろアオバズクの声が聞こえる頃ですが、なぜかこの頃になると近所の神社のほうからフクロウの声が聞こえるのです。毎年のことです。フクロウもアオバズクも同じ仲間ですが、俳句ではフクロウは冬、アオバズクは夏の季語になります。そこで俳句にするときは青葉木菟で詠んだりしますが、鳴き声は明らかに梟です。見た目も似ていますが青葉木菟のほうが小型です、、、。(2016年夏詠)

「大楠の洞をねぐらに青葉木菟」への2件のフィードバック

  1. 実家近くのどこから聞こえて来たのか?未だに分かりませんが、夜になると『ホーホー ホッホー』と低い鳴き声が聞こえていました。
    あれがそうだったのでしょうか?
    最近は広島本通りや宮島にフクロウカフェなるものが開店しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です