前をゆく百足の足と人の足

昨年の倉敷での句。ふと見ると観光客に紛れるように百足がせっせと足を動かしている。あの足、でたらめに動いているようで、よく見ると順番に整然と動いている。ところでこの足、何番目と何番目というふうに意識して動かすことができるのだろうか、、、?(2016年夏詠)

「前をゆく百足の足と人の足」への2件のフィードバック

  1. 蛇同様、幸いに百足にも随分であったことが有りません。
    岡山総社時代だから小学校6年生か中学校1・2年生の時に布団を敷こうとして大きな百足が出てきた事を思い出します。
    あの姿はどうも苦手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です