門閉ざす蔓梅擬からませて

もちろん名前を知ったのは俳句を始めてからのこと。辞書を見ると「枝を活花に用いる」と書いてあり、写真を見ると確かに活花で何度も見たような気がする。掲句、何の気なしに立ち止まった空家の前、門のフェンスに何やら植物が絡まっている。もう何年も空家なのだろう、これじゃあ門が開かないよ。まてよ、何の蔓だろう、とよくよく見ると確かにあの蔓梅擬。なあんだ、自然の中ではこんなになるんだ、と活花との違いに驚いた時の句です、、、。(2015年秋詠)

「門閉ざす蔓梅擬からませて」への2件のフィードバック

  1. 蔓梅擬ですか、初めて聞きました。
    確かにいけばなでは見かけた事が有るように思います。
    自然の中ではこんなになる?どんなになるのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です