寒林に隙間朝日の透りくる

木山神社での句です。初祓を待つ社務所の温かい部屋から、裏山の雪の残る杉林が見えます。鬱蒼と茂っているのですが、その中にも隙間があるのでしょう、一所だけ明るく朝日の差している場所がありました、、、。(2016年冬詠)

「寒林に隙間朝日の透りくる」への2件のフィードバック

  1. 太陽のありがたさを感じさせられます。
    昨日は新年早々虹を見かけました。
    なんだかうれしい気分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です