夏の鴨空一回りして降りる

土手を散歩していると鴨の大きな声がする。見るとわんどとなった川の中で、まだ泳ぎ始めたばかりの子鴨を連れた母鴨が騒いでいる。子鴨を数えると十羽もいる。母親の大きな声に従って集団で右往左往している。何だか変だなとよく見ると、傍の草むらに隠れるようにして獣が動いている。狐だ!なるほど、それで騒いでいるのか。距離はあるし、わが愛犬は老犬だし、さてどうするかな。と考えているうちに、狐がこちらの存在に気づいたのか、こそこそと上流のほうへ去って行った、、、。(2018年夏詠)

「夏の鴨空一回りして降りる」への2件のフィードバック

  1. 鴨に狐にといろいろな動物が居ますね。
    実家辺りでは時たまイタチが道を横切るのを見かけたものですが、狐は見た事有りません。
    自然が近いといった様子で俳句の題材も多く見つかりそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です