乾びゆく大魚の骨や出水跡

昨年の豪雨から数日後の河原、洗われて凸凹になった河川敷公園のあちこちに大きな魚の死骸が転がっている。炎天に乾きつつひどい臭い、鳶や鴉も寄りつかないようだ。それでも怖い物見たさに近寄って観察するとほとんどが大きな鯰、中には鯉も、、、。(2018年夏詠)

「乾びゆく大魚の骨や出水跡」への2件のフィードバック

  1. 大水害から早や一年、こちらの川でも昨年流された大きな木がそのまま残っています。
    今年は逆になかなか降りません。
    貯まった分が一度に落ちて来るなんて事の有りません様に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です