贖罪の如く炎暑の田に男

サラリーマンを早めに切り上げて農業をされている近所の男性、今時では珍しく毎日暑い中を田に入って草を取る姿があります。無口な方です、、、。(2018年夏詠)

「贖罪の如く炎暑の田に男」への2件のフィードバック

  1. 努めていた会社の後輩夫婦が早期退職して農業を始めました。
    1年間は県の農業支援講座的な所で学んで独立、今では市内の有名レストランや小料理屋等に納入しているそうです。
    デパートで開催の販売会ではなじみの板さんが助っ人で試食が出来る等広い人脈も出来ている様です。
    身体も締まって顔つきも精悍に成っています。
    先ずは成功なのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です