裸木の蔓の裸に絡まれて

河原の木、お役所仕事で管理区域を一歩外れるとほったらかし。年月を経て木も大木になり、蔓もちょっとした太さになって葉を落とした木にしっかりと絡まっている。人間から見ると木が嫌がっているように見えるが、これも共生の形の一つなんだろうか、、、。(2018年冬詠)

「裸木の蔓の裸に絡まれて」への2件のフィードバック

  1. 揚句とは全く異なりますが、朝ランで走る太田川堤防の道に路側を照らすLEDの青い灯が有ります。
    これがあちらこちら消えていて、以前担当部署を探して電話をしたのですが、直す予算が無いとの事でした。
    設置の段階で保守予算も考えておくのが当然だと思いますが、正にお役所仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です