ふり向いて犬が待ちをり青田道

愛犬「もみじ」が亡くなってもうすぐ一年、そう思いながら句帳を繰っていると去年の七月にこの句がありました。おそらくこれが元気(そう)な「もみじ」を散歩の途中で詠んだ最後の句です。歩調を合せたり合わせられたりの散歩、懐かしい一年前の句です、、、。(2019年夏詠)

「ふり向いて犬が待ちをり青田道」への2件のフィードバック

  1. 「もみじ」が亡くなって早一年ですか。
    懐かしい句での再会、良かったですね。
    懐かしいと感じられるという事は、「もみじ」ロスではなく自然に思い出す事が出来ている様ですね。
    いい事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です