一夜にて落葉の道となりにけり

紅葉から落葉へと、季節の足は速いですね。一晩風が騒いだ後の朝の散歩、並木道はすっかり落葉に覆われているのです。そうしてやがて、車が通り、昼間の風が吹き、夕方の散歩の時には、掃いたようなきれいな道に戻っているのです。(2010年秋詠)

「一夜にて落葉の道となりにけり」への2件のフィードバック

  1. 落ちるつながりで、京都嵯峨野の落柿舎を思い出しました。
    俳人ゆかりの場所だから牛二さんも行った事は有るでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です