休み田を分けて一条春の水

これは実家から少し山のほうへ行った風景です。昔は見上げるような山の上にも民家があり、棚田が続いていましたが、人が減り、民家も無くなり、かつての棚田もただの湿地になってしまいました。そんな湿地となった棚田の中に、長年の間に自然に出来たのでしょう、細い水路が一本次の田に続き、小さな水音をたてているのでした、、、。<その7>(2009年春詠)

「休み田を分けて一条春の水」への2件のフィードバック

  1. 牛二さんは山紫水明のなかで育ったのだなあとつくづく思います。私の小さい頃は、土筆摘みの小川はきれいでしたが、大方の川は、染色工場から汚水が垂れ流しされて真っ黒でした。大人になってからですよ、高梁川や吉井川があるのを知ったのは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です