春炬燵父に無心の迷ひ猫

晩年の両親はいろんな動物を飼っていた。ある時は九官鳥であったり、ある時は亀であったり、ある時は猫であったりした。帰省する度に新たな家族が増えたり減ったり、入れ替わったりした。その猫は見慣れぬ私など気にせず炬燵の父にしっかりとスリスリし、父も「どこから来たかわからん」と言いながら満更ではなさそうな顔で餌をやるのであった。(2002年春詠)

「春炬燵父に無心の迷ひ猫」への2件のフィードバック

  1. 我が家は昔は着物や乾物等を売る商家だった経緯も有り動物は飼いませんでした。
    ただ山羊と鶏は愛玩でなく乳と玉子を得る目的で裏庭で飼っていました。
    そのせいでいまだに犬や猫が苦手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です