鉢ならべ冬のつましき路地暮し

狭い路地に面した入口の軒下に幾段にも鉢が並べられている。入口の半分ぐらいまでを鉢が占領している家もある。去年の枯れた花がそのままの鉢、その間から新しい芽がのぞいている鉢、葱の植わっているトロ箱などもある。気の早い家ではもう春の準備が始まっており、並べ替えられた鉢がまだ居心地が悪そうに見える、、、。(2013年冬詠)

「鉢ならべ冬のつましき路地暮し」への2件のフィードバック

  1. 露地暮らしだからこそ求める緑、マンション生活だからこそ求める緑。
    住む場所は違っても同じ気持ちですね。
    花であったり野菜であったり、植物が持つ力はうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です