すつぽりと村を収めて冬の虹

さあーっと強い時雨が襲ってきた。近くにあったお堂の軒下を借りて雨宿り、待つほどでもなく雨は過ぎて行った。さあ帰ろうかと外に出ると虹が出ていた。珍しく両端から頂まで弧を描いているのが見える大きな虹だった。その下を時雨が日を受けながら去って行った、、、。(2012年冬詠)

「すつぽりと村を収めて冬の虹」への2件のフィードバック

  1. 素人の私でも情景が浮かんでくる分かりやすい句ですね。
    先日買い物に向かった時、同じように端から端までくっきりと見える虹に出会いました。今まで見た中では一番の虹でした。
    渋滞でゆっくり進んだのでしばらく見る事が出来てうれしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です