白菜の畝に細りてあたたかし

見て通る他所の家庭菜園の白菜が、見るも無残なほどにやせ細って、畝に数本残されています。ちょっと可哀そう。あのまま枯れていくのかなあ。それとも薹が立って花が咲くのかなあ。白菜の花ってどんな花なんだろう。と、毎日見ているうちに今日で二月も終わりです、、、。(2013年春詠)

「白菜の畝に細りてあたたかし」への4件のフィードバック

  1. 種を取る為には出来の良いものを残すけれど、普段利用には出来のいい物から採って行くので最後に残るものはどしても形の悪いものになると言う事ですか?
    我が家のサラダ紅大根も最後の一本はずんぐりとした短い物でした。
    3月末には返却する猫額菜園なので今はもうローズマリーとネギが数本残るだけになりました。
    2月の新規申し込みが当選する事を願うばかりです。

  2. 昨日は遠方よりお疲れ様でした。お雛様一色の倉敷でしたね。下五、<あたたかし>くらいでもいいですね。

    1. いつもありがとうございます。確かに、俳句らしくなりました。
      昨日はお世話になりました。
      個人的には最悪でしたが、元気になられた様子で安心しました。

牛二 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です