夏つばめ沖より帰りくる港

宇野港での句。港の燕なのだから、沖に出て虫を捕ってくるのは当たり前なのですが、港で眺めていると、なぜかそれが、人間の漁の営みと重なって感じられて、こんな句になってしまいました、、、。(2013年夏詠)

「夏つばめ沖より帰りくる港」への1件のフィードバック

  1. いつもは国鉄の列車から連絡船に乗り換えていた宇野港だけど、大学2回生の夏休みに松山から実家まで自転車で帰った事が有り、その時は連絡船を降りて宇野港に降り立った事になる。
    どんな場所だったのか、夏つばめが飛んでいたのか何も思い出せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です