図書館の窓広々と遠雪嶺

先週の寒波でとうとう山が白く見えるようになりました。掲句は昨年の冬、津山市図書館からの景。ビルの4階にある図書館の北側の広い窓からは遠くの山並が見えます。普段はどうってことないのですが、雪が降るとなんだか急に山が近づいて見えるのは不思議です、、、。(2013年冬詠)

「図書館の窓広々と遠雪嶺」への1件のフィードバック

  1. 松山に住んでいた頃、冬になると石鎚山の白さを身近に感じました。
    確かに夏場はあまり感じないのに雪景色になると目に付きますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です