日のありて雨脚見ゆる秋驟雨

すぐに止むだろうと無人のお堂の軒先を借りて空を見ていた。動きの速い雲の間から時たま太陽が顔を出す。と同時にスポットライトを浴びたように、雨が光る線の帯となって浮かび上がる。すぐにまた翳る。その繰り返し。見ている間に雨が止んで、光だけになってしまった、、、。(2016年秋詠)

「日のありて雨脚見ゆる秋驟雨」への2件のフィードバック

  1. 昔の人は雨宿りで止むまで待っていたけれど、最近の人はそんなゆったりとした気持ちが無いのか、先を急ぐのか雨の中を傘も持たず濡れながら走りもせず普通に歩く様子をよく見かけます。
    もしかしたら雨宿りという言葉も知らないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です