病む事の日にち選ばずクリスマス

予兆無しに倒れたのは愛犬、これは明日まで持たないかも知れない、と思ったのはこの日が初めてでした。半ばあきらめて、翌朝恐る恐る起きだして見ると、なんと復活していました。それも前より元気に、、、。それから亡くなるまでの七か月、大変だったけれど、私にはよい経験になりました、、、。(2018年冬詠)

「病む事の日にち選ばずクリスマス」への4件のフィードバック

  1. 病むことなく老衰である日ぽっくり逝けたら最高ですね。
    まだまだ先で有って欲しいけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です