水遣りの水素通りに吊忍

まだ借家住まいの頃だから、かれこれ三十年前ということになる。実家に帰ると祖父が手慰みに作った吊忍があった。葉も少なく、色も若々しい、いかにも作りたてといった感じだった。私が興味深そうに眺めていたら、祖父が「やろうか?」と訊いてきた。「うん、ちょうだい」それでその吊忍は我家に来ることになった。以来三十年、少し痩せて形もいびつになったが、今年も青々と葉を出している。中に木炭を入れていると言っていたので、それが長寿の秘密かも知れないなあと思いながら、かけたそばから下に落ちる水を見ている、、、。(2013年夏詠)

「水遣りの水素通りに吊忍」への4件のフィードバック

  1. 我が家の裏庭にも有りました、かつて流行した事が有ったのでしょうか?
    さて、今はどうなっているのやら。
    水を含んだ吊忍は涼しげでいいですね。

  2. 実に簡素で、それでもって何十年も生きているなんて、魅力ですね。まっこと涼しげな句です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です