薄氷に粉砂糖ほど春の雪

傷んだ舗装路に出来た水溜りに氷が張っている。その上だけにうっすらと雪が、ちょうど粉砂糖をまぶしたように残っている、、、。これがもう少し寒くて雪がもう少し多いと、氷の所在が見えなくなる。こうなると危ない。無意識に載ったとたんに支点を失ってひっくり返り、後頭部を強打することになる、、、。(2013年春詠)

「薄氷に粉砂糖ほど春の雪」への2件のフィードバック

  1. 氷で滑って大怪我なんて事の無い様に充分気を付けて下さい。
    暖かくなったと思って安心して油断は禁物ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です