少年の学なりがたし青胡桃

この近くには自生している胡桃の木がたくさんある。胡桃と言っても鬼胡桃で、小さくて殻は硬く食用にはむいていない。子供の頃に採りに行ったのはこの鬼胡桃で、石でつぶしてわずかばかりの身を取り出して食べていた。初めて栽培種の胡桃を貰ったときには、その殻の柔らかさと中身の 多さに驚いたものだった。鬼胡桃の用途と言えば細工物に使うか、私の祖父もやっていたが、二個を手の中で転がすようにして手先の運動に使うかだ。今に私にも必要になるかも知れないので、今からそれ用に何個か集めておこうと思うのだが、青胡桃のときは目に付くのに、秋になり気づいた頃にはきれいに無くなっている、、、。(2014年夏詠)

「少年の学なりがたし青胡桃」への2件のフィードバック

  1. 確か小学校の校庭にクルミの木が有ったと思います。
    青い実が付いていた記憶は有りますが、その後の記憶は有りません。
    脳卒中などのリハビリ用にクルミを扱う印象ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です