娘が吹いて母が追ひかけ石鹸玉

分譲地に新しく建った家の前で、お母さんと女の子がシャボン玉で遊んでいました。よくある景ですが、違うのは追っかけているのがお母さんな事。きっと成長しても姉妹のような母娘になるんだろうと思いました、、、。(2016年夏詠)

行く春の指先欠けし阿弥陀仏

とある寺の、薄暗いお堂の中の阿弥陀仏、よく見ると上げた右手の木製の人差し指の先が小さく欠けている。お寺も、お堂も、仏様も古い。空家の目立つ村の寺では、なかなか修復ともいかないのだろう。お顔のやさしさが心にしみる、、、。(2016年春詠)

グランドの野球少年雀の子

ただっ広いグランドの向うの隅で少年野球の練習が続いている。絶え間なく続く少年たちの声、それに時たまコーチの大きな声が混じる。こちらは外野の、フェンスの外。フェンス際では雀が、こちらも賑やか、、、。(2016年春詠)

千年の齢の藤や根の若し

散歩に行く河川敷の水際に自生している山藤が花をつけ始めました。むせるような濃い匂いが漂っています。水際で登るところがないので地を這っているのが少しかわいそうですが、強いものですね、、、。掲句の藤は倉敷阿智神社の藤、本当は千年も経っていないそうです、、、。(2016年春詠)