羽衣のやうに掛かりし蛇の衣

蛇がどうやって殻を脱いでいくのか、実際に見たことはないが、脱ぎ捨てられたものを見ると、どうやら最初に刺のようなところを見つけて、そこに口のあたりを引っ掛けて脱ぎ始めるようだ。後はゆっくりゆっくり、脱ぎにくいところは石や木の角のようなところを利用して擦るようにして脱いでいくのだろう、、、。掲句、河原の木にキチンと掛かって風にゆれている蛇の衣、遠目には羽衣、とは見えないか、、、(笑)。(2010年夏詠)

「羽衣のやうに掛かりし蛇の衣」への2件のフィードバック

  1. 蛇の抜け殻が天女の羽衣に見えるか否かは別にしても、昔の人が天女を想像し羽衣を考えた基になる事なり物は何か有るのだろうか?
    綺麗な蓮の花に黒い点が一つ、美味しい蜜を吸っているのでしょう、幸せな生活の様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。