出くはして猫身構へる花野かな

また新顔の猫が来だした。各種の猫が混じっているようで、しっぽがやたらと長くて太い。顔はあらいぐまのよう。どう見ても美形とは言えない。餌につられて、少しずつ慣れてきて、最近はニャーと鳴くぐらいまでになった。やっぱり猫には違いなかった、、、。(2000年秋詠)

「出くはして猫身構へる花野かな」への2件のフィードバック

  1. 花が咲く野は四季それぞれに有ると思いますが、花野が秋の季語なのですね。
    何故ですか?

    1. 「秋草の色とりどりに咲き乱れた野をいう。」と書いてあります。四季それぞれにありますが、秋に顕著だということでしょう。ちなみに「お花畠」は夏、高山植物が咲き乱れた一帯を言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です