煙突の煙ちぎれて飛ぶ寒さ

去年の年の瀬、こんな句を残していました。薪ストーブの、先がT字型になった、壁から出て屋根の上に伸びる煙突です。ほとんど見かけません。見れば懐かしい。震えながら、きっと部屋の中は暑すぎるぐらいなんだろうなあと、、、。冬至です、、、。(2018年冬詠)

「煙突の煙ちぎれて飛ぶ寒さ」への2件のフィードバック

  1. 実家の風呂の煙突は真っ直ぐにIの字で先に傘が付いていました。
    小学校のストーブの煙突は先がTだったと記憶しています。
    どうしてあの形だったのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です