十月の雀に愁なかりけり

雀はずいぶん少なくなりましたね。今年は秋の田圃に付き物だった案山子やキラキラと輝くテープを見ない内に収穫が終ってしまいました。農業に従事されている方にとってはありがたいことだと思いますが、暇な私は原因は何だろうかなどと考えてしまいます。そんな中でも我家の屋根の上には、十羽にも満たない数ですが、今も賑やかな声が聞えています。雀の声ってホントに楽しそうですね。(2010年秋詠)

「十月の雀に愁なかりけり」への2件のフィードバック

  1. ざるを支柱に立てかけて、その下に酒に漬けたお米を置いておくと雀がお米を食べて酔っぱらった所を支柱を外して雀をとらえる、なんて話を聞いたけど実際に捕まえられた話は聞きません。

    1. 「酒に漬けたお米」までではありませんが、やりました。
      いろいろな仕掛けがあって、見よう見まねで試すのが冬の間の楽しみでした。
      一番単純なのがこの「ざるに支柱」ですが、雀が来るまで待てなくて成果は、、、。
      今は動物愛護の精神で、楽しそうな鳥たちを見ているだけで満足です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です