黒南風や死せば更地となり売らる

私がここへ来た時にはもう一人暮らしだった、上品に年取ったお婆さん。図書館にあった古い合同句集に名前を見つけてから俳句の話をするようになったが、その頃にはもう認知症が始まっていて、同じ事を何度も何度も聞かれるのには閉口した。ある日「良いものをあげます」と言って、奥のほうから「西東三鬼読本」を持ってきて下さった。今でも私の大切な本だが、結局これが形見になってしまった、、、。そのお屋敷は長い間空家になっていたが、とうとうこの春から取り壊しが始まった。先日、梅雨の晴間に久しぶりに通ったら、きれいな更地になり、ちょうど二人の男が「売地」と書いた看板をたてているところだった、、、。(2013年夏詠)

「黒南風や死せば更地となり売らる」への4件のフィードバック

  1. 上品なお祖母さんとの交流は良かったですね。
    期せずして手に入った本は貴重な宝物でしょう。

  2. 始めてお邪魔します、
    文章を拝見しておりますと小説を読んでいるようでとても心地いいですね。
    確かな観察力と記憶力に驚いています。

    人生の現実は厳しく寂しいものですね、
    この頃とみにこの句のようにエピローグを想像している自分がいます。

    1. コメントありがとうございます。
      最近はだんだんと書くことが少なくなってきて困っています、、、。
      今後ともよろしくお願いします。

      年を取れば取ったで悩みは増えますね。
      最近そう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です