新しき杭が一本冬菜畑

毎日見て通る畑に杭が一本だけ立っていた。まだ新しいその色は、立てた人の意欲の現れのようでもあるが、さて何で一本だけなのだろう?と不思議に思った時の句。その後杭が増えて行って、春には豌豆の垣か何かが出来たのだろうが、その事はさっぱり記憶にない、、、。(2010年冬詠)

「新しき杭が一本冬菜畑」への2件のフィードバック

  1. 何故一本だけだったのか不思議ですね。
    何かの苗を一本だけ植えるというのも考えにくいし?
    5年間楽しませてもらった我が家の猫額菜園の借用期間が3月末に迫って来ました。
    次の抽選に漏れると貴重な畑が無くなります、なんとか継続して続けられればいいのですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です