秋蝶と見えゴーヤーの残り花

衰えたゴーヤの垣の、風に揺れる残り花の黄色が、ちょうどちょっと寂しい秋の蝶のように見えて、思わず立ち止まった時の句です。今年もゴーヤはたくさん頂きました。ゴーヤチャンプルも美味しいですが、かき揚にしても美味しいですね、、、。ホントは苦手、、、。(2014年秋詠)

秋蝶となりて優しき翅づかひ

鳥が運んできた種で、庭には覚えの無い物が生えて来ます。山椒もその一つで、我家で一番大きな黒鉄黐(クロガネモチ)の木の下に、去年から芽を出しています。今年は三十センチぐらいに育ち、春から何度も使わせていただきました。夏の間は暑いので庭の手入れもお休みと決めて、山椒のこともしばらく忘れていました。秋になり、このところ旱続きで、庭が乾ききっています。山椒は大丈夫かなあと見に行くと、なんと、ほとんど葉っぱが無いではありませんか。そして代わりに丸々と太った揚羽の幼虫が三匹(山椒は揚羽の大好物なのです)。山椒は枯れるかも知れませんが、揚羽もたぶんこれが今年最後の幼虫です。仕方がないかとそのままにしてやりました、、、。だが、実はその近くに今年も何本か山椒の小さな芽を見つけているのです、、、。(2013年秋詠)